令和5年度産 酒井美由紀さんのお米
  • この商品は完売しております
  • 令和5年度産 酒井美由紀さんのお米

  • 商品価格

    税込 4,340 円

  • 内容量

    5kg

  • この商品は完売または入荷待ちです

商品に関する情報

この商品の生産情報

生産者

酒井美由紀さん

酒井美由紀さん

生産者

酒井美由紀

生産地

熊本県阿蘇郡産山村田尻

品種

コシヒカリ

農薬の使用

使用なし

肥料の使用

グアノ、油粕いずれも有機JAS適合肥料

農薬不使用の年数

25年-35年目

化学肥料不使用の年数

25年-35年目

商品情報

生産者

酒井美由紀さん

生産地

熊本県阿蘇郡産山村田尻

内容量

5kg

原材料名

令和5年度産米

保存方法

冷暗所に保存

発送方法

常温発送

JAS法に基づく品質表記

名称

玄米または精米

産地

熊本県阿蘇産(産地未検査)

使用割合

10割

内容量

別途商品に表示

調製/精米年月日

別途商品に表示

販売者

株式会社 Asononaka, Inc.

お米の梱包について

脱酸素剤を封入しております

当店のお米(5kg売り)は米袋に脱酸素剤を入れ、お米の酸化や虫の発生による品質低下を防止しています。

脱酸素剤

米袋を開封する際には脱酸素剤をご確認いだただ、誤って口にしないようご注意ください。

米袋

脱酸素剤が酸素を吸収するため、到着時には真空パックのように米袋が硬くなっている場合がございます。

梱包

お支払い方法について

カード決済

VISA、Master card、Amex、Diners、JCB

銀行振込

ゆうちょ銀行、PayPay銀行

コンビニ後払い(NP後払い)

商品到着後にお支払い
手数料200円

代金引換払い

ゆうパックの代金引換払い
手数料300円

送料・配送について

北海道・東北

1380円

関東・信越

1120円

北陸・東海

1020円

近畿・四国

980円

中国・九州

880円

沖縄県

1180円

冷蔵商品

上記送料プラス450円

メール便

260円

配送会社

日本郵便の「ゆうパック」

令和5年度産 酒井美由紀さんのお米

令和5年度産、熊本阿蘇産。酒井美由紀さんが作る、アイガモ農法のお米。

この商品の生産情報

酒井美由紀さん

生産者

酒井美由紀

生産地

熊本県阿蘇郡産山村田尻

品種

コシヒカリ

農薬の使用

使用なし

肥料の使用

グアノ、油粕いずれも有機JAS適合肥料

農薬不使用の年数

25年-35年目

化学肥料不使用の年数

25年-35年目

アイガモ農法

今年もアイガモちゃんに雑草を食べてもらう「アイガモ農法」による無農薬栽培の米作りを行う酒井さん。 地元の保育園児たちにアイガモを田んぼに放ってもらうイベントを今年は6月19日に開催する予定だったのですが・・・急遽中止に。まだまだコロナウイルスやらインフルエンザが流行っているご時世、保育園でもお休みしてる園児たちが多いということで、延期となりました。

そこで今日は酒井さん一家だけでアイガモを田んぼに入れることになりました。カゴに入れたアイガモたちを田んぼまで運んで、いざ投入。小さなアイガモたちは元気よく泳いでいくと、すぐに水面に顔を突っ込んで雑草を食べ始めます。生まれて初めて田んぼに入って、2秒後には除草作業を始めているというその姿は、まさに除草エリート。

泳ぐアイガモを見る酒井さん 泳ぐアイガモ

アイガモもつらいよ

すぐ近くにある田んぼにもアイガモを放ちます。アイガモを掴むと勢いよく田んぼに入れていく酒井忠晃さん。なにもそんなに急いで入れなくても、と思いますが、そこには意外な理由が。

「始めに群れに置いていかれると仲間外れにされるとよ」
アイガモは水面に放つとすぐに群れを形成しますが、少し入れるのが遅れて群れからはぐれるともうそれだけで仲間とは認識されなくなり、群れに入れてもらえなくなるそうです。群れに入れなかった単体のアイガモはすぐにカラスやらに目をつけられて捕まえられるそうなので、できるだけまとめて入れる必要があるのだとか。のほほんと雑草食べるだけで気楽だなと思ったら、アイガモ社会もずいぶん厳しいですね。

アイガモを運ぶ アイガモを入れる酒井さん親子 田んぼを泳ぐアイガモ

後日保育園が来ました

その後2023年6月23日に無事保育園児によるアイガモ投入イベントが行われたそうです。まだ入れてなかったアイガモを保育園児たちが田んぼに放って全ての田んぼにアイガモ投入完了です。

アイガモを手に持つ保育園児たち

稲刈り

2023年10月1日、稲刈りを行いました。
その日は写真を撮りに行けませんでしたので、酒井さんに撮ってもらった稲刈りの写真を掲載いたします。今年は出来がすごく良く、今までで最も収穫量が多かったとのことです。産山村は高冷地で夏でも気温は平地に比べて低めの上、冷たい湧き水を農業用水に使用するので収穫量は少なめですが、2023年の「歴史上最も暑い夏」のおかげで稲の生育が旺盛だったのかもしれません。

稲刈りする様子 コンバインで稲を刈る
上に戻る

当店のお米のこだわり

無農薬栽培の米作りの様子

無農薬栽培米のみ取り扱い 当店は農薬や化学肥料を使用せず栽培したお米のみ取り扱いしております。万が一にも慣行栽培のお米が混ざることはありません。

当店のお米の生産者

信頼できる生産者たち 有機農産物は信頼性が第一。当店では阿蘇地域の生産者とだけ取り引きを行い、さらに栽培期間中は各生産者の圃場へ月に2回以上行き、栽培の様子を直に確認しております。

米袋

無料で脱酸素剤パック お米(5kg売り)には脱酸素剤を入れて無酸素状態にすることで、輸送中や保存時におけるお米の酸化や虫の発生による品質低下を防止しています。

精米

ご注文後に精米いたします お米の精米度合は玄米、白米、7分づき、5分づき、3分づきの5種類から無料にてご選択が可能です。

白米、玄米、分づき米

玄米、白米、分づきが選択可能 お米は精米した瞬間から品質低下が始まります。当店では精米をご注文後に行うことで、できるだけ新鮮なお米をお客様の元へお届けいたします。

新着情報

令和5年度産 新米 阿蘇産 無農薬栽培米