shimomura farm
2011下村農園 23年度産商品ページ

若き生産者が作る、こだわりのミルキークイーン。

炊きたてのみるきぃくいーん

めてもおいしい、モチモチの食感が大人気のお米「ミルキークイーン」。その「ミルキークイーン」を作っている生産者を求め、阿蘇中を走りまわっていたところ、阿蘇市黒川にある「下村農園」と出会いました。
「下村農園」代表の下村委也さんは、なんと若干25才の青年。農家の高齢化が著しく進行する中、なぜ農業に従事したのでしょう?

農家の家に生まれた下村さん。子どもの頃から、遊びがてらに田植えや稲刈りなどを手伝っていました。中学生の頃には、すでに「父の後を継いで農業をやりたい」と決意していたようで、農業高校へ進学。さらに農業について勉強するため、農業大学へ進学します。その後熊本へ帰郷し、すぐに米作りを始めました。

みるきぃくいーんの田植えの様子。バックには阿蘇山が見える。

そうして若き米農家となった下村さん。ただお米を作るのではなく、安全にも心がけています。農薬の使用は田植え時の一回のみに抑え、化学肥料も年々減らしていっているそうです。
もちろん味にもこだわります。この「ミルキークイーン」は、下村さんの田んぼの中でも、阿蘇の湧き水が注ぐ田んぼでのみ栽培。数あるお米の中でも、特別な思いで育てています。

「ミルキークイーン」を作り始めたのはお父さんの代からだそうで、“冷めても美味しいお米がある”との噂を聞いたお父さんが、さっそく種を手に入れ、自分の田んぼで作り始めたのがきっかけ。当初は自分の家で食べるだけの量しか作っていませんでしたが、今では8haある田んぼの2haでミルキークイーンを栽培しているそうです。

  • 苗作りの様子。
  • 田植えの様子。田植機に苗を積み込んでいる。
  • 阿蘇山を間近に望む水田で田植えを行う。

当店のお米のこだわり

無農薬栽培の米作りの様子

無農薬栽培米のみ取り扱い 当店は農薬や化学肥料を使用せず栽培したお米のみ取り扱いしております。万が一にも慣行栽培のお米が混ざることはありません。

当店のお米の生産者

信頼できる生産者たち 有機農産物は信頼性が第一。当店では阿蘇地域の生産者とだけ取り引きを行い、さらに栽培期間中は各生産者の圃場へ月に2回以上行き、栽培の様子を直に確認しております。

米袋

無料で脱酸素剤パック お米(5kg売り)には脱酸素剤を入れて無酸素状態にすることで、輸送中や保存時におけるお米の酸化や虫の発生による品質低下を防止しています。

精米

ご注文後に精米いたします お米の精米度合は玄米、白米、7分づき、5分づき、3分づきの5種類から無料にてご選択が可能です。

白米、玄米、分づき米

玄米、白米、分づきが選択可能 お米は精米した瞬間から品質低下が始まります。当店では精米をご注文後に行うことで、できるだけ新鮮なお米をお客様の元へお届けいたします。

新着情報

28年度産米

阿蘇のなかストアの日常Instagram 最新10件を表示

もっと見る