Yoshiyuki Goto
2016五嶋義行さん 28年度産商品ページ

五嶋義行さんが作る、無農薬・無施肥栽培米。

五嶋義行さんが作る、無農薬・無施肥栽培米。

7月19日の稲の様子

五嶋さんは阿蘇市の市議会議員であるため、熊本地震以降はお忙しかったためになかなか連絡が取れず、昨年までのように田植えや除草の写真を撮りにいくことができませんでした。

7月19日にコシヒカリの田んぼへ行くと、まだ稲が小さいながらも田植えは終わっているようです。この田んぼは地震以降、しばらく用水がこなかったために田植えが遅れ、また、水が少ないために雑草がかなり繁殖しそうです。

7月19日の稲の様子。

コシヒカリの田んぼ。

コシヒカリの稲。

コシヒカリの稲刈り

コシヒカリの稲刈りは10月27日に行いました。懸念されていた通り、田植え後の初期に用水が不足していたことからヒエがかなり繁殖してしまいました。当店も経験がありますが、田植え後に水がこないと何回除草してもヒエは取りきれないほど生えてきます。しかしこの辺りの田んぼは地震の影響で作付けができなかったり、稲の栽培を諦め大豆に転作した圃場もかなり多いので、稲を作付けし、収穫できただけでも幸運だったと言えます。

今年は当店も毎年稲刈りをお願いしている笠野真喜さんが五嶋さんの田んぼの稲刈りを行います。お手伝いで宇都宮正志さんの姿もありました。「今年は地震で水が少ない田んぼが多かったけん、どこの田んぼも草が多いばい」と、コンバインの刃にひっかかるヒエを取り除きながら笠野さんがつぶやきます。

ヒノヒカリ、ミルキークイーンの稲刈りはすでに終わったそうで、そちらは水が例年どおり供給されたために雑草は非常に少なかったそうです。

稲刈りする笠野さん

五嶋一拓さんと宇都宮さんがサポート。

右の田んぼは大豆を作付けしている。

分げつが少ない稲。

草が多いため稲刈りは時間がかかる。

当店のお米のこだわり

無農薬栽培の米作りの様子

無農薬栽培米のみ取り扱い 当店は農薬や化学肥料を使用せず栽培したお米のみ取り扱いしております。万が一にも慣行栽培のお米が混ざることはありません。

当店のお米の生産者

信頼できる生産者たち 有機農産物は信頼性が第一。当店では阿蘇地域の生産者とだけ取り引きを行い、さらに栽培期間中は各生産者の圃場へ月に2回以上行き、栽培の様子を直に確認しております。

米袋

無料で脱酸素剤パック お米(5kg売り)には脱酸素剤を入れて無酸素状態にすることで、輸送中や保存時におけるお米の酸化や虫の発生による品質低下を防止しています。

精米

ご注文後に精米いたします お米の精米度合は玄米、白米、7分づき、5分づき、3分づきの5種類から無料にてご選択が可能です。

白米、玄米、分づき米

玄米、白米、分づきが選択可能 お米は精米した瞬間から品質低下が始まります。当店では精米をご注文後に行うことで、できるだけ新鮮なお米をお客様の元へお届けいたします。

新着情報

30年度産米 新米入荷中

阿蘇のなかストアの日常Instagram 最新10件を表示

もっと見る