Matsuko Goto
2012後藤松子さん 24年度産商品ページ

BMW堆肥を使った安全と環境に配慮した米作り。

稲刈り前の後藤さんのヒノヒカリ。

9月下旬。この時期、お米の乾燥や籾摺りを行う南阿蘇村のライスセンターはフル稼働。次々に刈り取られた米が持ち込まれ、大型の乾燥機に投入されていきます。この時期は24時間稼働しているので、朝番と遅番の当番制で管理しているんだとか。

最も陽の光を浴びて育つお米。
そのライスセンターの目と鼻の先にある田んぼにまだ稲刈り前の田んぼがありました。稲の品種はどうやら「ヒノヒカリ」のようです。
他の品種に比べて刈り取り時期が遅い分、たっぷり太陽を浴びることができるヒノヒカリは九州での栽培に最も適したお米とされ、ここ南阿蘇村でも多くの農家がこの品種を栽培しております。

後藤さんの田んぼ。後ろには阿蘇山が見える。

減農薬&BMW技術を使った堆肥、「牛若丸」。
その田んぼでヒノヒカリを作っているのは後藤松子さん・広子さん親子です。
後藤さん親子は4年前に熊本県よりエコファーマーの認定を受け、それからずっと「農薬は除草剤一回のみ使用」「肥料は化学肥料を半分以下に減らし、有機肥料の配分を高める」という、減農薬・減化学肥料栽培でお米を作っております。
使用している堆肥は南阿蘇有機肥料センターで製造されている、BMW(バクテリアミネラルウォーター)技術を使った堆肥「牛若丸」で、この肥料は微生物の活性化させることにより田んぼの化学物質を分解させる、といった環境的な側面も持ちあわせているのです。

村の支援と、生産者の安全への意識の高さ。
南阿蘇村でお米の無農薬栽培や減農薬栽培が盛んに行われている理由に、行政が積極的に有機栽培を支援しているというのもありますが、やはり一番の理由は「農家の安全に対する意識の高さ」です。後藤松子さんのような、一見すると普通のオバちゃんですら「んなもん農薬やら化学肥料はできるだけ使わんほうがいいに決まっとるタイ」と語るんですから。
他の地域じゃそうはいきません。今まで通りの農業にドップリ浸かってますからね。

  • 田んぼを見つめる後藤松子さん。
  • 畦に咲く彼岸花。
  • 後藤さんちのワンちゃん。

当店のお米のこだわり

無農薬栽培の米作りの様子

無農薬栽培米のみ取り扱い 当店は農薬や化学肥料を使用せず栽培したお米のみ取り扱いしております。万が一にも慣行栽培のお米が混ざることはありません。

当店のお米の生産者

信頼できる生産者たち 有機農産物は信頼性が第一。当店では阿蘇地域の生産者とだけ取り引きを行い、さらに栽培期間中は各生産者の圃場へ月に2回以上行き、栽培の様子を直に確認しております。

米袋

無料で脱酸素剤パック お米(5kg売り)には脱酸素剤を入れて無酸素状態にすることで、輸送中や保存時におけるお米の酸化や虫の発生による品質低下を防止しています。

精米

ご注文後に精米いたします お米の精米度合は玄米、白米、7分づき、5分づき、3分づきの5種類から無料にてご選択が可能です。

白米、玄米、分づき米

玄米、白米、分づきが選択可能 お米は精米した瞬間から品質低下が始まります。当店では精米をご注文後に行うことで、できるだけ新鮮なお米をお客様の元へお届けいたします。

新着情報

28年度産米

阿蘇のなかストアの日常Instagram 最新10件を表示

もっと見る