Masashige Iseri
2013井芹政重さん 25年度産商品ページ

井芹政重さんとその奥さん。

お約束通り、今年は完全無農薬栽培。 以前より初期除草に除草剤一回のみ使用するという減農薬栽培でお米を作っていた井芹政重さん・佳代子さん夫妻。「減農薬・無化学肥料栽培米」として当店でも販売しておりました。

しかし「除草剤一回しか使わないと結構雑草が生えてくるから、結局田んぼに入って手除草しなくちゃならないんだよねぇ」と、減農薬の苦労を嘆いておられました。

じゃあ除草剤を使わずお米を作りませんか」という、私、阿蘇のなか店長と喜多無農薬米生産会の北野悦之さんの提案を受け、今年から農薬を一切使用せずにお米を栽培することになりました。

井芹政重さんとその奥さん。

今年の苗は北野悦之さんに育てていただき、そしていざ、田植え。除草は田植え後1ヶ月以内が勝負ですので、この間に2度除草機をかけます。除草は写真の機械除草と、水を常時田んぼ一杯にためておく深水、そして仕上げの手除草の三本柱で行なっていきます。肥料は大分産牛堆肥と、南阿蘇BMW。 初めて「田んぼにBMW持っていくから〜」とか聞いた時には、「この辺の農家さんたちはそんなにいい車乗ってるのかよ」と勘違いしちゃったんですが、BMWとはドイツ製高級車ではなく、「バクテリアミネラルウォーター」の略でして、要は土壌微生物を増殖させるための土壌改良材なんです。
化学肥料を使わずに有機肥料のみを使用する有機栽培や、肥料を施さない自然栽培などでお米がしっかり育つのも、土壌微生物の働きのお陰。農薬や化学肥料の使用を続けてきた田んぼは土壌微生物が著しく減少しておりますが、それをこのBMWで補うことで土壌の微生物量を回復させ、肥沃な土壌へと変化させるのです。

井芹さんはこれまで大分から取り寄せた牛堆肥だけを使用してきましたが、今回から同じ村内にある「南阿蘇有機肥料センター」製造のBMW液も田んぼに施しております。もちろん堆肥、BMW液ともに有機質肥料。農薬の不使用に加え、無化学肥料栽培で大事にお米を育てます。

井芹政重さんとその奥さん。

ミッション・井芹さんの田んぼの水源を追え! 井芹さんの田んぼはとにかく水が豊富で、上流から水がジャンジャン流れてきます。このすごい量の農業用水の水源は一体どこなんですか?「主たる水源は上にある竹崎水源だね

井芹さんの案内どおりに行ってみると、ありました、竹崎水源。綺麗で冷た〜い水が川底から溢れております。熊本名水100選であるものの、そこまで有名でない水源ですが、やはり水を汲みにくる人は多いらしく水汲み場が整備されております。

飲める水を米作りに使用する。他の地域では羨ましがられる贅沢な米作りですが、「熊本の水瓶・阿蘇」では当然の農法です。

当店のお米のこだわり

無農薬栽培の米作りの様子

無農薬栽培米のみ取り扱い 当店は農薬や化学肥料を使用せず栽培したお米のみ取り扱いしております。万が一にも慣行栽培のお米が混ざることはありません。

当店のお米の生産者

信頼できる生産者たち 有機農産物は信頼性が第一。当店では阿蘇地域の生産者とだけ取り引きを行い、さらに栽培期間中は各生産者の圃場へ月に2回以上行き、栽培の様子を直に確認しております。

米袋

無料で脱酸素剤パック お米(5kg売り)には脱酸素剤を入れて無酸素状態にすることで、輸送中や保存時におけるお米の酸化や虫の発生による品質低下を防止しています。

精米

ご注文後に精米いたします お米の精米度合は玄米、白米、7分づき、5分づき、3分づきの5種類から無料にてご選択が可能です。

白米、玄米、分づき米

玄米、白米、分づきが選択可能 お米は精米した瞬間から品質低下が始まります。当店では精米をご注文後に行うことで、できるだけ新鮮なお米をお客様の元へお届けいたします。

新着情報

28年度産米 SALE

阿蘇のなかストアの日常Instagram 最新10件を表示

もっと見る