Akio Furusawa
2015古澤昭夫さん 27年度産商品ページ

古澤昭夫さんの無農薬・無施肥栽培のお米。

稲を抱えて運ぶ古澤さん

Harvest 稲刈り

10月7日、古澤さんの稲刈り。

いや〜、いい秋晴れ!本当に雲一つない青空です。絶好の稲刈り日和ですね、古澤さん!「……はい……」あれ?なんか元気ないですね。「実はしばらく入院しておりまして、昨日退院したばっかりなんですよ」ちょいとご病気で入院してた古澤さん、退院されたばかりなのでまだ体調は万全ではないご様子。しかし稲刈りは行わなくてはいけません。頑張ってください! とはいえ、別に体力が低下しているわけでもないようで、ササッと田の入り口を手刈りしておりました。

北野悦之さんが到着し、積載車からコンバインを下ろすとさっそく稲刈り開始。古澤さんは一枚の田んぼにイセヒカリと森のくまさんの2種類のお米を作付けしておりますが、今日はイセヒカリのみ稲刈りを行いますので、刈り取り面積は3反のうち2反5畝ほどです。

途中、様子を見に来られた増田十九男さん夫妻。「お〜、やっぱ草は少ないごたるばいな」と雑草の少なさと稲の出来に関心しておりました。

古澤さんの田んぼ

稲刈りは1時間ほどで終了。籾は喜多ライスセンターに運び、無農薬栽培米専用の乾燥機で乾燥し、後日籾すり、色彩選別、計量・袋詰めを経て当店へ入荷いたします。

昨年から喜多いきいきくらぶへ入会し、無農薬・無施肥栽培の山田錦を作り始めた古澤さん。今年度より無農薬栽培で作り始めた食用のうるち米もやはり無施肥で栽培いたしました。南阿蘇村でも一際標高の高い沢津野地区で新鮮な阿蘇山の伏流水により育まれた、無農薬・無施肥栽培のお米です。

なお、このイセヒカリという品種、コシヒカリの突然変異種であり、伊勢神宮の神田で発見されたことによりこの名前がついております。特徴は何と言っても「良食味」。品種の特性としてもともとタンパク含量が低いようですが、さらに古澤さんは無施肥で栽培しておりますので、さらに輪をかけて美味しいのは間違いございません。また、イセヒカリは倒伏に異常に強いそうで、確かに先週全国を襲った爆弾低気圧の猛烈な風でもまったく倒れてないどころか、斜めにすらなってませんね。とても美味しいのはもちろんのこと、農家にとっても非常に作りやすい。さすが「神の米」と呼ばれるお米は違いますね。ちなみに種籾の入手先は高島和子さんです。

刈り取った籾の様子を見る古澤さん
  • 2つの品種の境目の手刈りを行う古澤さん。森のくまさんはイセヒカリよりやや晩生のため稲刈りは来週。

    2つの品種の境目の手刈りを行う古澤さん。森のくまさんはイセヒカリよりやや晩生のため稲刈りは来週。

  • 稲刈りを行うのはもちろん北野悦之さん。整備された長方形の田んぼをあっという間に刈り終えてしまった。

    稲刈りを行うのはもちろん北野悦之さん。整備された長方形の田んぼをあっという間に刈り終えてしまった。

  • 談笑しながら稲刈りを見守る増田さんの奥さん、古澤さんのお父さん、増田十九男さん。時間はゆったりと流れていた。

    談笑しながら稲刈りを見守る増田さんの奥さん、古澤さんのお父さん、増田十九男さん。時間はゆったりと流れていた。

7月下旬。稲の分けつ本数を確認する古澤昭夫さん。

Summer

酒米・山田錦の次はうるち米に挑戦。無農薬・無施肥栽培で作る、イセヒカリと森のくまさん。

古澤昭夫さんが住む南阿蘇村河陽の沢津野地区。すぐ近くに京都大学の火山研究所があるこの地区は標高が高く昼夜の寒暖の差が大きいことに加え、間近にそびえる阿蘇山から流れてくる豊富な湧水を農業用水として使用できることで、とても美味しいお米ができる恵まれた田園地帯です。

古澤さんは昨年度より「喜多いきいきくらぶ」に入会し、無農薬・無施肥栽培で酒米・山田錦と作っておりますが、さらに今年度より「ここまできたら食用米も無農薬で作るか」と一大決心し、3反の水田で無農薬・無施肥栽培にてうるち米の栽培を始めました。
作付けする品種はイセヒカリと森のくまさん。イセヒカリは昨年高島和子さんが作ったものを種分けしてもらったもの。森のくまさんはコシヒカリとヒノヒカリを親に持つヒカリ系の品種でモチモチとした粘りと甘みが特徴の良食味米として近年高く評価されている品種です。

「お〜、ちゃんと草取り頑張ったごたるばいね」一緒に田んぼを見にきた増田さんの奥さんが関心していると、「いや〜、俺は除草機掛けだけよ。あとは母ちゃんが手除草を頑張ったとですよ」古澤さんのお母さんが草取りをずいぶんと手伝ってくれたそうで「こりゃ”古澤昭夫が作った米”じゃなくて”古澤昭夫の母ちゃんが作った米”として売らなんかな」と笑います。

親子二人で草取りに明け暮れた夏を経て、これからいよいよ実りの秋を迎えようとしています。

田んぼに入り稲の生育具合を確認する古澤昭夫さん
  • 南阿蘇村河陽の沢津野地区。のどかな田園風景が広がる山あいの小さな集落に古澤さんの田んぼはある。

    南阿蘇村河陽の沢津野地区。のどかな田園風景が広がる山あいの小さな集落に古澤さんの田んぼはある。

  • 増田さんの奥さんと稲の生育具合を話す古澤さん。増田さん夫妻とはこの地区にわずかしかいない有機農業仲間だ。

    増田さんの奥さんと稲の生育具合を話す古澤さん。増田さん夫妻とはこの地区にわずかしかいない有機農業仲間だ。

  • 酒米の山田錦も、このうるち米の田んぼのすぐ近くの圃場で栽培している。どちらも無農薬・無施肥栽培だ。

    酒米の山田錦も、このうるち米の田んぼのすぐ近くの圃場で栽培している。どちらも無農薬・無施肥栽培だ。

生産情報

  • 生産者

    古澤昭夫

  • 生産地

    熊本県南阿蘇村河陽

  • 品種

    イセヒカリ、森のくまさん

  • 農薬の使用

    なし

  • 肥料の使用

    なし

  • 除草方法

    機械除草、手除草

  • 種籾の消毒

    温湯消毒を実施

  • 種籾の入手

    イセヒカリ…高島和子さんから入手

  • 栽培の履歴

    田植え … 2015年5月21日
    稲刈り … 2015年10月7日

当店のお米のこだわり

無農薬栽培の米作りの様子

無農薬栽培米のみ取り扱い 当店は農薬や化学肥料を使用せず栽培したお米のみ取り扱いしております。万が一にも慣行栽培のお米が混ざることはありません。

当店のお米の生産者

信頼できる生産者たち 有機農産物は信頼性が第一。当店では阿蘇地域の生産者とだけ取り引きを行い、さらに栽培期間中は各生産者の圃場へ月に2回以上行き、栽培の様子を直に確認しております。

米袋

無料で脱酸素剤パック お米(5kg売り)には脱酸素剤を入れて無酸素状態にすることで、輸送中や保存時におけるお米の酸化や虫の発生による品質低下を防止しています。

精米

ご注文後に精米いたします お米の精米度合は玄米、白米、7分づき、5分づき、3分づきの5種類から無料にてご選択が可能です。

白米、玄米、分づき米

玄米、白米、分づきが選択可能 お米は精米した瞬間から品質低下が始まります。当店では精米をご注文後に行うことで、できるだけ新鮮なお米をお客様の元へお届けいたします。

新着情報

29年度産米 新米入荷中

28年度産米 SALE

阿蘇のなかストアの日常Instagram 最新10件を表示

もっと見る