令和3年度産 赤城誓一さんのお米
  • 令和3年度産 赤城誓一さんのお米

  • 商品価格

    税込 3,680~3,980 円

  • 内容量

    5kg

  • 購入する数

  • 買い物かごに入れる

商品に関する情報

この商品の生産情報

生産者

Asononaka, Inc.

Asononaka, Inc.

生産者

赤城誓一

品種

亀の尾、亀の尾4号、旭

生産地

熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽

農薬の使用

使用なし

肥料の使用

使用なし

農薬不使用の年数

亀の尾・・・11〜16年目
亀の尾4号・・・5年目
旭・・・5年目
掛け干し旭・・・1年目

肥料不使用の年数

亀の尾・・・11〜16年目
亀の尾4号・・・5年目
旭・・・5年目
掛け干し旭・・・1年目

商品情報

生産者

Asononaka, Inc.

生産地

熊本県阿蘇郡南阿蘇村

内容量

5kg

原材料名

令和3年度産米

保存方法

冷暗所に保存

発送方法

常温発送

JAS法に基づく品質表記

名称

玄米または精米

産地

熊本県阿蘇産(産地未検査)

使用割合

10割

内容量

別途商品に表示

調製/精米年月日

別途商品に表示

販売者

株式会社 Asononaka, Inc.

お米の梱包について

脱酸素剤を封入しております

当店のお米(5kg売り)は米袋に脱酸素剤を入れ、お米の酸化や虫の発生による品質低下を防止しています。

脱酸素剤

米袋を開封する際には脱酸素剤をご確認いだただ、誤って口にしないようご注意ください。

米袋

脱酸素剤が酸素を吸収するため、到着時には真空パックのように米袋が硬くなっている場合がございます。

梱包

お支払い方法について

カード決済

VISA、Master card、Amex、Diners、JCB

銀行振込

ゆうちょ銀行、PayPay銀行

コンビニ後払い(NP後払い)

商品到着後にお支払い
手数料200円

代金引換払い

ゆうパックの代金引換払い
手数料300円

送料・配送について

北海道・東北

1380円

関東・信越

1120円

北陸・東海

1020円

近畿・四国

980円

中国・九州

880円

沖縄県

1180円

冷蔵商品

上記送料プラス450円

メール便

260円

配送会社

日本郵便の「ゆうパック」

この生産者の生産履歴

Asononaka, Inc. 2019年度 お米の生産履歴について
令和3年度産 赤城誓一さんのお米

令和3年度産、熊本南阿蘇産。赤城誓一さんが作る、自然栽培米。
亀の尾は完売しました

この商品の生産情報

赤城誓一

生産者

赤城誓一

品種

亀の尾(完売)、亀の尾4号、旭

生産地

熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽

農薬の使用

使用なし

肥料の使用

使用なし

農薬不使用の年数

亀の尾・・・11〜16年目
亀の尾4号・・・5年目
旭・・・5年目
掛け干し旭・・・1年目

肥料不使用の年数

亀の尾・・・11〜16年目
亀の尾4号・・・5年目
旭・・・5年目
掛け干し旭・・・1年目

東の亀の尾、西の旭

亀の尾ついて

「亀の尾」とは明治時代に篤農家・阿部亀治氏によって育成された稲の良品種であり、コシヒカリやササニシキといった現代の品種は概ねこの「亀の尾」を先祖に持ち、その優れた食味を継承しております。つまり現代の美味しい日本のお米の母のような品種なのです。

この素晴らしい「亀の尾」ですが、倒伏(倒れやすさ)や脱粒性(刈り取り時に籾が落ちやすい)や収穫量の少なさなどの影響で、現在ではほどんと栽培されておりませんが、赤城さんは高島和子さんから種を受け継ぎ、この”美味しいが作りにくい”という亀の尾を農薬・肥料を使用せずに栽培しております。

亀の尾4号について

お米の品種は毎年種取りしていると交配や環境、気候の影響で品種の特性がだんだん薄れてくるのですが、この「亀の尾4号」は阿部亀治氏が発見した「原種の亀の尾(つまり亀の尾1号)」により近い品種となります。普通の亀の尾とは稲の姿もかなり異なっているそうで、食べ比べると味にも違いがあるのかもしれません。

旭について

「旭」も亀の尾と同じく、現代の両食味品種のルーツの一つです。京都府の農家である山本新次郎氏によって発見されたこの品種は大粒、良食味という特徴を持ち、その後西日本を中心に急激に広まりました。東日本で広まった亀の尾とともに「東の亀の尾、西の旭」として日本を代表するお米となったのです。

しかし籾が落ちやすいという脱粒性により、栽培しやすい品種が広まるにつれ栽培されなくなりました。その脱粒性といったら亀の尾の比ではありません。稲刈り前の籾をサーッと手で引っ張るとバラバラと籾が落ちていくのです。強風やコンバインでの刈り取り時に籾がすぐに落ちていくため、赤城さんも稲刈り時にすでに籾が3分の2程度しか残っていなかったそうです。

赤城誓一さんの米つくり

赤城誓一さんは2019年まで熊本県上益城郡山都町で米作りを行っておりましたが、2020年より南阿蘇村へ移住し、新天地にて再び米作りを行うこととなりました。

移住後、高島和子さんの元で研修を行った赤城さんは2021年より高島和子さんや故・北野鉄矢さんが長年無農薬栽培を行ってきた田んぼを借り受け、引き続き無農薬栽培による米作りに励んでおります。

田植え

2021年5月16日、田植えを行いました。
本日田植えを行うこの田んぼは元々大森博さんが3年、高島和子さんが1年、それぞれお米を作っていた田んぼであり、赤城さんが南阿蘇村へ移住したきたことを機に新たに”自然栽培歴5年”の田んぼとして借り受けた田んぼです。

高島さん夫妻に苗運びをお手伝いいただきながら、田植え機で苗を植え付けていきます。この田んぼは基盤整備されているので四角く整っており南阿蘇村では比較的広い圃場のため、田植えはしやすそうであり、赤城さんもきれいにまっすぐに植えておられます。

田植えする赤城さんの田んぼ 田植え機に乗る赤城さん 高島雅之さんに苗を取ってもらう

除草

2021年6月13日。高島和子さん宅にお邪魔していると、やってきた緒方孝行さんに「下の田んぼで赤城くんが除草機掛けよったばい」との情報をいただきました。下の田んぼというと南阿蘇鉄道と白川に挟まれた、あの田んぼ。さっそく行ってみましょう。

高島さん宅から道一本、車で2分ほどの田んぼへやってくると、いました、赤城さんが除草機を掛けている真っ最中です。2反ほどの広さの田んぼを3条の歩行式動力除草機を使って土を撹拌して雑草を浮かせて除草しております。もう半分ほど終わっておりますが、現在朝の8時。おそらく日の出も間もない早朝から頑張っておられるようです。

「いや〜、もう結構草が出てきてますよ」
コナギやヒエなどが緑化して草丈を伸ばしてくるこの時期に除草機できちんと叩いておくのが初期除草の鉄則。辛い作業ですが徹底して行います。

赤城さんの田んぼ 除草機をかける赤城さん 除草機をかける赤城さん

田んぼの様子・その1

2021年6月13日撮影

2021年6月13日の田んぼ 2021年6月13日の稲穂の様子

田んぼの様子・その2

2021年7月28日撮影

2021年7月28日の田んぼ 2021年7月28日の稲穂の様子
上に戻る

当店のお米のこだわり

無農薬栽培の米作りの様子

無農薬栽培米のみ取り扱い 当店は農薬や化学肥料を使用せず栽培したお米のみ取り扱いしております。万が一にも慣行栽培のお米が混ざることはありません。

当店のお米の生産者

信頼できる生産者たち 有機農産物は信頼性が第一。当店では阿蘇地域の生産者とだけ取り引きを行い、さらに栽培期間中は各生産者の圃場へ月に2回以上行き、栽培の様子を直に確認しております。

米袋

無料で脱酸素剤パック お米(5kg売り)には脱酸素剤を入れて無酸素状態にすることで、輸送中や保存時におけるお米の酸化や虫の発生による品質低下を防止しています。

精米

ご注文後に精米いたします お米の精米度合は玄米、白米、7分づき、5分づき、3分づきの5種類から無料にてご選択が可能です。

白米、玄米、分づき米

玄米、白米、分づきが選択可能 お米は精米した瞬間から品質低下が始まります。当店では精米をご注文後に行うことで、できるだけ新鮮なお米をお客様の元へお届けいたします。

新着情報

令和3年度産米 阿蘇産 無農薬栽培米