30年度産 佐藤高弘さんのお米
  • この商品は完売しております
  • 30年度産 佐藤高弘さんのお米

  • 商品価格

    税込 3,850 円

  • 内容量

    5kg

  • この商品は完売または入荷待ちです

送料と重量について

1個口で発送できる重量はダンボール等梱包材含めて25kg未満となります。玄米5kgであれば4袋、白米4.5kgは5袋までとなります。

商品に関する情報

この商品の生産情報

生産者

Asononaka, Inc.

Asononaka, Inc.

生産者

佐藤高弘

品種

コシヒカリ

生産地

熊本県阿蘇郡産山村産山

農薬の使用

使用なし

肥料の使用

有機肥料を使用 有機JAS認証の菜種油粕

農薬不使用の年数

11年

化学肥料不使用の年数

11年

商品情報

生産者

Asononaka, Inc.

生産地

熊本県阿蘇市一の宮町

内容量

5kg

原材料名

30年度産米

保存方法

冷暗所に保存

発送方法

常温発送

JAS法に基づく品質表記

名称

玄米または精米

産地

熊本県阿蘇産(産地未検査)

使用割合

10割

内容量

別途商品に表示

調製/精米年月日

別途商品に表示

販売者

株式会社 Asononaka, Inc.

お米の梱包について

脱酸素剤を封入しております

当店のお米(5kg売り)は米袋に脱酸素剤を入れ、お米の酸化や虫の発生による品質低下を防止しています。

脱酸素剤

米袋を開封する際には脱酸素剤をご確認いだただ、誤って口にしないようご注意ください。

米袋

脱酸素剤が酸素を吸収するため、到着時には真空パックのように米袋が硬くなっている場合がございます。

梱包

お支払い方法について

カード決済

VISA、Master card、Amex、Diners、JCB

銀行振込

ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行

コンビニ後払い(NP後払い)

商品到着後にお支払い
手数料200円

代金引換払い

ゆうパックの代金引換払い
手数料300円

送料・配送について

北海道・東北

1180円

関東・信越

990円

北陸・東海

920円

近畿・四国・沖縄

880円

中国・九州

780円

沖縄

980円

冷蔵商品

上記送料プラス250円

メール便

220円

配送会社

日本郵便の「ゆうパック」

30年度産 佐藤高弘さんのお米

平成30年度、熊本阿蘇産。佐藤高弘さんが作る、有機JAS認証の無農薬・無化学肥料栽培コシヒカリ。

この商品の生産情報

佐藤高弘さん

生産者

佐藤高弘

生産地

熊本県阿蘇郡産山村産山

品種

コシヒカリ

農薬の使用

使用なし

肥料の使用

有機肥料を使用 有機JAS認証の菜種油粕

農薬不使用の年数

11年

化学肥料不使用の年数

11年

熊本一有名な田んぼ「産山村の扇棚田」

阿蘇郡産山村。標高500〜1050mに位置する高原型の農山であるこの村には、熊本で一番有名な田んぼがあります。全国棚田百選にも選出されている「扇棚田」です。

文字通り扇状に何枚もの棚田が広がっており、初夏の水を張った水面には青い空、秋には黄金色の稲の姿が美しく、正面には阿蘇山、後ろには久住山を望む絶好のロケーションということもあり、全国から写真家がこの風景をカメラに収めに訪れます。非常に多くの雑誌やサイトにも紹介されているため、写真家だけでなく一般の観光客も頻繁に訪れる、産山村随一の観光スポットです。

産山村の観光名所でもある扇棚田。

この田んぼで作っているのは「無農薬栽培米」

さて、そんな「熊本一有名な田んぼ」でお米を作っているのはどんな生産者なのでしょうか。
16枚の田、面積2.1haで構成されている扇棚田のうち、1.35haで米の栽培を行っているのは佐藤高弘さん。産山村に住む農家です。実は佐藤さん、この扇棚田で無農薬・無化学肥料栽培で米作りを行っております。

父から受け継いだ米作り

江戸時代には開墾されていたという歴史ある扇棚田ですが、佐藤家では先祖代々、この田で米作りを行ってきました。無農薬・無化学肥料での米作りを始めたのは佐藤さんの父である佐藤正博さんの代。きっかけは、佐藤正博さんが「定年就農」で米作りを始めた際、先祖代々受け継いだ美しい田を守るという使命感を新たにするとともに、この自然あふれる風景を守りたいという思いから、農薬・化学肥料の使用を止めることを決意したことでした。平成17年に就農した佐藤正博さんは農業を学びながら工夫を重ね、平成19年から有機栽培を開始し、同時に有機JASを申請。3年後の平成21年にはすべての圃場で有機JASを取得しました。

佐藤高弘さんは平成28年に就農すると同時に父から経営を移譲され、以来、父と同じく有機栽培で米作りを行っております。

確認し合いながら有機JASシールを貼る 確認し合いながら有機JASシールを貼る

高弘さんの祖父が建てたというしゃもじと茶碗を持った地蔵 高弘さんの祖父が建てたというしゃもじと茶碗を持った地蔵

今は16枚の棚田も20年ほど前はでは17枚だった 今は16枚の棚田も20年ほど前はでは17枚だった

今は16枚の棚田も20年ほど前はでは17枚だった 今は16枚の棚田も20年ほど前はでは17枚だった

米コンクール受賞歴も!美味しさの秘訣

佐藤さんの作るお米は扇棚田で作っている、有機栽培である、という点の他に、もう1点大きな特徴があります。それは「美味しさ」です。

標高800mに位置する扇棚田で栽培される米は平野部とは比べ物にならないほどの激しい寒暖の差で栄養をたっぷりと蓄えることにより、食味が向上していきます。その味は「米・食味分析鑑定コンクール」において特別優秀賞を受賞するほど。佐藤さんのお米は毎年食味値を計っているのですが、標準60〜65点、70点以上で良質米といわれる中で毎年75オーバーの数値をキープしており、今回販売している30年度産米の食味値も78点となっております。コンクールの審査員の舌、それに食味計の科学的な分析によっても「美味しい米」であると認識されているのですね。

しかし美味しいの秘密は寒暖の差だけではありません。むしろこちらのほうが重要かもしれません。

山吹水源から直接注がれる農業用水

その秘密はずばり「水」。

熊本名水百選のひとつである「山吹水源」から1.7kmもの距離を経てそそがれる水は、もちろん純粋な天然水。毎分30tの豊富な湧水量の水源から湧き出る水は農業用水だけでなく、佐藤さん宅の自家用水としても使用されており、その美味しさは折り紙付き。もちろんこの山の中、途中に家庭排水なども一切ないため、水源の湧き水はその美味しさと新鮮さを保ったまま佐藤さんの水田に注がれているのです。

寒暖の差に加え、「名水」を農業用水として贅沢に使用しているからこそ、美味しいお米が出来るのですね。

山吹水源から流れる湧き水。

山吹水源は扇棚田から1.3kmほど上流にある 山吹水源は扇棚田から1.3kmほど上流にある

高い透明度を誇る天然水は毎分30tも湧く 高い透明度を誇る天然水は毎分30tも湧く

>落ち葉の溜まった農業用水路は春前に掃除を行うという 落ち葉の溜まった農業用水路は春前に掃除を行うという

水源のほとりには水神様が祀られている 水源のほとりには水神様が祀られている

扇棚田の米作り

田植え前

5月初旬。新緑の扇棚田に水が張られ、代掻きが行われます。最も写真家が多く訪れるのがこの時期です。

水を張った扇棚田。

田植え

5月中旬、田植えを行います。田植え機での田植えも行いますが、棚田の一番上の田んぼでは農林水産省が取り組む「教育ファーム推進」の一環として、地元の小学生を招いて田植え体験などのイベントも行っております。

九重連山をバックに田植えを行う佐藤さん 九重連山をバックに田植えを行う佐藤さん

毎年子どもたちの田植え・稲刈り体験を行っている 毎年子どもたちの田植え・稲刈り体験を行っている

除草

佐藤さんの除草作業は大きく分けて三通り。まずは田植え後の「チェーン除草」です。塩ビパイプに金属チェーンを括り付け、それを水田内で引っ張ることにより土の表面を撹拌し、小さな雑草や種子を浮かせて除草します。

ある程度苗が大きくなったら機械除草です。当店も使っている和同産業の除草機を使って条間と株間を同時に除草します。

最後は「手除草」。数回に渡るチェーン除草と機械除草で取り切れなかった雑草は手を引き抜いていきます。

除草よりキツい!棚田の草刈り

「扇棚田」と名の通り、棚田状となっている佐藤さんの田んぼでは畦の草刈りがとても大変です。畦の面積も広いですし、何より急な斜面で踏ん張りながらの草刈りはかなりの重労働。しかも「写真家や観光客が多いからなまじ手が抜けない」そうで、観光スポットならではの苦労もあるようです。

塩ビパイプにつけたチェーンを引っ張り除草する 塩ビパイプにつけたチェーンを引っ張り除草する

和同産業の除草機は株間も除草機できる優れ物 和同産業の除草機は株間も除草機できる優れ物

稲刈り

澄み切った青空に黄金色の稲穂が映える映える9月末から10月初旬にかけて稲刈りを行います。
稲刈りが終わったら秋起こしを行い、春に野焼き、水路の掃除などを行います。

黄金色の穂が広がる長野さんの田んぼ 取り回しのよい小型のコンバインで稲刈りを行う

天気の良い日はご覧の通りの素晴らしい景色 天気の良い日はご覧の通りの素晴らしい景色

草原の野焼き時期に畦草の野焼きも行う 草原の野焼き時期に畦草の野焼きも行う

水路は1.7kmにも及ぶが手作業で清掃する 水路は1.7kmにも及ぶが手作業で清掃する

佐藤高弘さんの「有機JAS認定米」につきましては有機JASの認定を受けており、玄米24kg袋売りには有機JASの認定を示すシールが貼ってあります。
一方で、玄米5kgや白米、分づき米での販売の場合は有機JASの「有機農産物の小分け業者」の認定の都合上、当店では袋にシールを貼ることができません。そのため有機jASシールなしでの販売となります。あらかじめご了承のほどお願いいたします。 上に戻る

当店のお米のこだわり

無農薬栽培の米作りの様子

無農薬栽培米のみ取り扱い 当店は農薬や化学肥料を使用せず栽培したお米のみ取り扱いしております。万が一にも慣行栽培のお米が混ざることはありません。

当店のお米の生産者

信頼できる生産者たち 有機農産物は信頼性が第一。当店では阿蘇地域の生産者とだけ取り引きを行い、さらに栽培期間中は各生産者の圃場へ月に2回以上行き、栽培の様子を直に確認しております。

米袋

無料で脱酸素剤パック お米(5kg売り)には脱酸素剤を入れて無酸素状態にすることで、輸送中や保存時におけるお米の酸化や虫の発生による品質低下を防止しています。

精米

ご注文後に精米いたします お米の精米度合は玄米、白米、7分づき、5分づき、3分づきの5種類から無料にてご選択が可能です。

白米、玄米、分づき米

玄米、白米、分づきが選択可能 お米は精米した瞬間から品質低下が始まります。当店では精米をご注文後に行うことで、できるだけ新鮮なお米をお客様の元へお届けいたします。

新着情報

30年度産米 全て無農薬栽培米

ASO北外輪ファームのお米

ASO北外輪ファームのお米 無農薬・無施肥栽培米
コシヒカリ、ヒノヒカリ
3,050〜3,450円

阿蘇のなかストアのお米

阿蘇のなかストアのお米 無農薬・無施肥栽培米
ササニシキ、あきまさり、亀の尾
3,050〜3,350円

宇都宮政志さんのお米

宇都宮政志さんのお米 無農薬・無施肥栽培米
ササニシキ
3,750円

大森博さんのお米

大森博さんのお米 無農薬・無施肥栽培米
ササニシキ
3,750円

井芹政重さんのお米

井芹政重さんのお米 無農薬・無施肥栽培米
ヒノヒカリ
3,650円

緒方孝行さんのお米

緒方孝行さんのお米 無農薬・無施肥栽培米
イセヒカリ
3,850円

緒方睦美さんのお米

緒方睦美さんのお米 無農薬・無施肥栽培米
ヒノヒカリ
3,450円

北野悦之さんのお米

北野悦之さんのお米 無農薬・無施肥栽培米
コシヒカリ
3,500円

北野鉄矢さんのお米

北野鉄矢さんのお米 無農薬・無施肥栽培米
ササニシキ
3,980円

後藤明子さんのお米

後藤明子さんのお米 無農薬・無化学肥料栽培、アイガモ農法米
コシヒカリ
3,850円

後藤松子さんのお米

後藤松子さんのお米 無農薬・無施肥栽培米
ヒノヒカリ
3,650円

五嶋義行さんのお米

五嶋義行さんのお米 無農薬・無施肥栽培米
コシ、ヒノ、ミルキー
4,150円

酒井忠晃さんのお米

酒井忠晃さんのお米 無農薬・無化学肥料栽培、アイガモ農法米
コシヒカリ
3,850円

佐藤高弘さんのお米

佐藤高弘さんのお米 無農薬・無化学肥料栽培、有機JAS認定
コシヒカリ
3,850円

高島和子さんのお米

高島和子さんのお米 無農薬・無施肥栽培米
ササニシキ
5,250円

藤原勝義さんのお米

藤原勝義さんのお米 無農薬・無施肥栽培米
ヒノヒカリ
3,650円

北野悦之さんのお米

毛利秀幸さんのお米 無農薬・無施肥栽培米
森のくまさん
3,450円

北野悦之さんのもち米

北野悦之さんのもち米 無農薬・無施肥栽培米
峰の雪もち(もち米)
3,850円 / 5kg

阿蘇のなかストアの日常Instagram 最新10件を表示

もっと見る