[送料込み] 白石農園のごぼう茶
  • この商品は完売しております
  • [送料込み] 白石農園のごぼう茶

  • 商品価格

    税込 1,080~3,000 円

  • 内容量

    50g

  • この商品は完売または入荷待ちです

商品に関する情報

この商品の生産情報

生産者

白石農園

白石農園

生産者

白石農園

生産地

熊本県阿蘇郡高森町

農薬の使用

使用なし

肥料の使用

有機肥料を使用
堆肥、鶏ふん

商品情報

生産者

白石農園

生産地

阿蘇郡高森町

内容量

50g

原材料名

阿蘇産ごぼう

保存方法

冷暗所に保存

発送方法

常温発送

JAS法に基づく品質表記

名称

ごぼう茶

原材料

ごぼう(熊本県阿蘇産)

内容量

50g

保存方法

高温多湿を避けて保存

販売者

株式会社 Asononaka, Inc.

お米の梱包について

脱酸素剤を封入しております

当店のお米(5kg売り)は米袋に脱酸素剤を入れ、お米の酸化や虫の発生による品質低下を防止しています。

脱酸素剤

米袋を開封する際には脱酸素剤をご確認いだただ、誤って口にしないようご注意ください。

米袋

脱酸素剤が酸素を吸収するため、到着時には真空パックのように米袋が硬くなっている場合がございます。

梱包

お支払い方法について

カード決済

VISA、Master card、Amex、Diners、JCB

銀行振込

ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行

コンビニ後払い(NP後払い)

商品到着後にお支払い
手数料200円

代金引換払い

ゆうパックの代金引換払い
手数料300円

送料・配送について

北海道・東北

750円

関東・信越

750円

北陸・東海

750円

近畿・四国・沖縄

650円

中国・九州

500円

熊本

400円

冷蔵商品

上記送料プラス250円

メール便

160円

配送会社

日本郵便の「ゆうパック」

[送料込み] 白石農園のごぼう茶

極上の原料を最高の加工方法で。苦労と楽しさの果てに作り出される話題の健康茶「ごぼう茶」。

そこいらのごぼう茶とはちと違います。

ここ数年、「若返り茶」として話題を集めるごぼう茶。もはやブームを通りすぎ、健康茶の一ジャンルとして完全に定着した感もありますね。お客様の中にも毎日飲まれている方も多いのではないでしょうか。

しかし、ここにきて当店は既存のごぼう茶と一線を画す、素晴らしいごぼう茶をご用意いたしました。健康とはただ有効成分を摂取して生まれるものではなく、様々な人と環境とか互いに紡ぎあい織り成すもの。このお茶をどのような生産者がどのような場所でどのように加工し、どのような想いで作っているのかをぜひご一読くださいませ

ごぼう茶

阿蘇の山中で作られる、無農薬・無化学肥料栽培のごぼう。

阿蘇山と熊本、大分、宮崎の3県にまたがる標高1,756mの祖母山のちょうど間くらい。深い山の中に白石農園はあります。白石農園の代表である白石勝也さんは、ここ阿蘇郡高森町でごぼう、にんじん、キャベツなどの様々な作物を栽培しておられます。栽培にあたっては農薬や化学肥料を一切使用しておりません。白石さんからいただいた名刺にはこう書いてありました。「人に地球に優しい循環農業を実現、阿蘇から世界へ新しい風を届けます」。うーん、同じ阿蘇にこんな素晴らしい生産者がいらっしゃるとは。

白石農園のごぼうの栽培

今日はごぼうの種まき。白石農園のごぼうは、森の中にある広大な畑で栽培されております。ごぼうはその丈をなるべく長く伸ばすため、種まき前にあらかじめ土を1mほど掘った後で埋め戻し、土を深く柔らかくしておきます。そうすることでごぼうが固い地盤に阻まれて伸びが悪くなることを防ぐのです。

種まきはちっちゃい自転車のような形の種まき機で行います。見ていると白石さん、種まき機になにかテープのようなものをセットしておられます。それなんですの?
「このテープにごぼうの種がついていて、コロコロ押すだけで種が蒔けるんですよ」
ほほぉ〜、これは便利でいいですな。とっても楽そう。ちょっとやらせてください。コロコロコロ……コロコロコロ…うん、キツいねこれは。ただ歩くだけじゃなくてあらかじめ深く掘っておいた箇所からずれないように気をつける必要があるし、何より足場の悪い土の上ですしね。ただ歩くだけで疲れます。しかもこれ、1列ずつしか蒔けないから…「一つの圃場で2〜3kmほどは歩く必要がありますよ。一日中やると結構疲れます」…だそうです。

ごぼうの無農薬栽培でもっとも大変な作業はお米などと同じくやっぱり「除草」だそうで、自作の除草機を使ったり、草刈機に切ったり、効率的な方法を模索しながら除草しているとのこと。しかし白石さん、除草は辛い作業であると同時に「農業で楽しい作業の一つ」であると言います。確かに、除草を終えるとスッキリ気持ちがいいですし、いかに抑草・除草するかを考えるのってすごく楽しいんですよね。

肥料は自宅で飼育しているあか牛の牛堆肥、鶏ふんを使用。化学肥料は一切使用しておりません。今後は畑に塩を撒いてミネラルを補給させるなどして、ごぼうの品質を高めていく研究を行っているそうです。

種まきする白石さん。

棒を刺してトラクターで深く掘っている場所の目安をつける 棒を刺して種を撒く場所の場所の目安をつける。

ごぼうの種がついたテープを種まき器にセットする。 ごぼうの種がついたテープを種まき器にセットする。

これだけの面積の畑を全て歩いて種まきを行う。 これだけの面積の畑を全て歩いて種まきを行う。

乾燥中のごぼう。カットして天日干しにしている。 乾燥中のごぼう。カットして天日干しにしている。

収穫したごぼうの選別を行う白石さん。 収穫したごぼうの選別を行う白石さん。

一本一本地道にスライス作業を行う。 一本一本地道にスライス作業を行う。

いろいろな焙煎を経てたどり着いた、文字通りの「釜炒り」製法。

南阿蘇産の無農薬・無化学肥料栽培のごぼうというだけで既にその辺のごぼう茶とは一線を画しているんですが、このごぼう茶、すごいのはここからなんです。白石さん、このごぼう茶を焙煎するにあたり、様々な方法を試してきました。そしてたどり着いたのは……「釜炒り」でした。

やってきたのは熊本県上益城郡山都町の蘇陽地区。この地区は地名に阿蘇とこそ付いていないものの、山都町として合併する前は阿蘇郡に属しておりましたので、当店と同じ阿蘇地方となります。五ヶ瀬川沿いの細い集落を抜け、到着したのは一軒の古民家。実はここは白石さんのお母さんのご実家であり、現在でも白石さんのおばあちゃんがお住まいになられております。

さて、ここでどんな方法でごぼうの焙煎を行うのでしょうか。

昔から残る鉄釜に、薪をくべてはひたすら混ぜ続ける。

母屋の隣りにある古い小屋。中へ入ると、薪がくべられた大きな二つの鉄釜に手を入れ、一心不乱にかき混ぜる男性の姿がありました。「ふう、暑いねぇ」立ち込める煙に目を滲ませながら、右の釜、左の釜と忙しそうに、でもゆっくりと丁寧にごぼうをかき混ぜます。

彼は白石さんの叔父である戸高保一さん。白石さんの依頼により、この昔からこの家に伝わる鉄釜でごぼうを手作業で焙煎しているのです。戸高さん自身も若い頃から有機農業を実践してきた筋金入りの有機農業家。「今は有機農業とかオーガニックって言えば理解してくれる人もずいぶん多いんだろうけど、昔は無農薬栽培なんてやってる農家は変人扱いしかされなかったよ」と笑います。

実際には今でもそう理解が進んでいるわけではない有機農業の世界。その世界に飛び込んだ白石さんに自身の若い頃が重なってみえるのでしょう、白石さんの想いに答えるようにごぼうを黙々と炒り上げていきます。

釜炒りを行う。

山都町にある古民家で釜炒りを行う。 山都町にある古民家で釜炒りを行う。

釜炒り作業を行う戸高保一さん。 釜炒り作業を行う戸高保一さん。

2つの古釜に薪をくべて焙煎していく。 2つの古釜に薪をくべて焙煎していく。

釜炒り前のごぼうもとてもいい匂いがする。 釜炒り前のごぼうもとてもいい匂いがする。

油断するとすぐに焦げ付くので慎重に混ぜていく。 油断するとすぐに焦げ付くので慎重に混ぜていく。

ごぼうの香りを確認する白石さん。 ごぼうの香りを確認する白石さん。

楽しくて面白い農業をやりたい!

白石さんはなぜごぼう茶を手作業による焙煎で作ろうと思ったのでしょうか。そう聞くと、白石さんはニコリと微笑みながらこう答えました。
「面白いでしょう!有機農業もそう、面白いからやるんですよ」

慣行栽培で作ったごぼうを専門業者に発注して焙煎してもらって、それはそれでいい物ができるだろうし、効率よく生産できて利益も高いかもしれないけど……面白いかといったらそうじゃない。誰かがすでにやっていることを敢えてやらずに、誰もやっていないことに挑戦する。茨の道を進むのは辛いけど、だから人生面白い。

健康を保つためのごぼう茶ですが、本当に「健康」のことだけを考えるのであれば、この「白石農園のごぼう茶」でなくとも、他のとこの商品でもいいかもしれません。しかし、飲んでいただく消費者の健康はもちろん、農薬や化学肥料を使用せず環境に負担をかけない環境保全型農業を実践し、自家飼育の牛の堆肥を使用する循環型農業も実践し、さらには商品の作ることの楽しさ、面白さまでをも追求したごぼう茶は、日本全国くまなく探したって、そうはお目にかかれませんよ。

白石さんと娘さん、それに叔父の戸高さん。
ごぼう畑でごぼうを持った白石さん。

この商品はメール便対応商品です

送料無料でお届けいたします

ちらの商品は日本郵政のゆうメール(メール便)で発送いたします。一袋から送料無料にてお届けいたします。なお、他の通常商品と同時にご注文の際はメール便ではなく、ゆうパックにて同梱発送となります。その場合、送料は発生いたします。

代金引換払いはご利用できません

メール便はポストへの投函にて配達完了となりますので、メール便商品のみご購入の場合は「代金引換払い」はご利用できません。

配達日時はご指定できません

メール便はポストへの投函にて配達完了となりますので、メール便商品のみご購入の場合は配達日時のご指定はできません。



上に戻る

当店のお米のこだわり

無農薬栽培の米作りの様子

無農薬栽培米のみ取り扱い 当店は農薬や化学肥料を使用せず栽培したお米のみ取り扱いしております。万が一にも慣行栽培のお米が混ざることはありません。

当店のお米の生産者

信頼できる生産者たち 有機農産物は信頼性が第一。当店では阿蘇地域の生産者とだけ取り引きを行い、さらに栽培期間中は各生産者の圃場へ月に2回以上行き、栽培の様子を直に確認しております。

米袋

無料で脱酸素剤パック お米(5kg売り)には脱酸素剤を入れて無酸素状態にすることで、輸送中や保存時におけるお米の酸化や虫の発生による品質低下を防止しています。

精米

ご注文後に精米いたします お米の精米度合は玄米、白米、7分づき、5分づき、3分づきの5種類から無料にてご選択が可能です。

白米、玄米、分づき米

玄米、白米、分づきが選択可能 お米は精米した瞬間から品質低下が始まります。当店では精米をご注文後に行うことで、できるだけ新鮮なお米をお客様の元へお届けいたします。

新着情報

29年度産米 全て熊本産 無農薬栽培米

ASO北外輪ファームのお米

ASO北外輪ファームのお米 無農薬・無施肥栽培米
ヒノヒカリ、有機JAS認定ヒノヒカリ
3,000〜3,300円

阿蘇のなかストアのお米

阿蘇のなかストアのお米 無農薬・無施肥栽培米
ササニシキ、亀の尾
3,150円

荒牧武治さんのお米

荒牧武治さんのお米 無農薬・無施肥栽培米
コシヒカリ
3,300円

井芹政重さんのお米

井芹政重さんのお米 無農薬・無施肥栽培米
ヒノヒカリ
3,450円

宇都宮政志さんのお米

宇都宮政志さんのお米 無農薬・無施肥栽培米
コシヒカリ
3,750円

大森博さんのお米

大森博さんのお米 無農薬・無施肥栽培米
ササニシキ、イセヒカリ
3,650円

緒方孝行さんのお米

緒方孝行さんのお米 無農薬・無施肥栽培米
イセヒカリ
3,850円

緒方睦美さんのお米

緒方睦美さんのお米 無農薬・無施肥栽培米
ヒノヒカリ
3,350円

北野鉄矢さんのお米

北野鉄矢さんのお米 無農薬・無施肥栽培米
ササニシキ
3,850円

北野悦之さんのお米

北野悦之さんのお米 無農薬・無施肥栽培米
ヒノヒカリ
3,450円

後藤明子さんのお米

後藤明子さんのお米 アイガモ農法米
コシヒカリ
3,750円

後藤松子さんのお米

後藤松子さんのお米 無農薬・無施肥栽培米
ヒノヒカリ
3,450円

五嶋義行さんのお米

五嶋義行さんのお米 無農薬・無施肥栽培米
コシヒカリ、ミルキークイーン
4,150円

酒井忠晃さん

酒井忠晃さんのお米 アイガモ農法米
コシヒカリ
3,850円

高島和子さんのお米

高島和子さんのお米 無農薬・無施肥栽培米
ヒノヒカリ、ササニシキ、亀の尾
5,250円

田尻カツ子さんのお米

田尻カツ子さんのお米 無農薬・無化学肥料栽培米
コシヒカリ
3,500円

栃原辰郎さんのお米

栃原辰郎さんのお米 無農薬・無施肥栽培米
ヒノヒカリ
3,350円

藤原勝義さんのお米

藤原勝義さんのお米 無農薬・無施肥栽培米
ヒノヒカリ
3,500円

毛利秀幸さんのお米

毛利秀幸さんのお米 無農薬・無施肥栽培米
ヒノヒカリ、掛け干しヒノヒカリ
3,150〜3,500円

長野訓之さんのお米

長野訓之さんのお米 無農薬・無施肥栽培米
コシヒカリ
3,450円

29年度産 自然栽培もち米 峰の雪もち

28年度産 無農薬栽培米 SALE

阿蘇のなかストアの日常Instagram 最新10件を表示

もっと見る