「阿蘇おふくろ工房」の手作り阿蘇産大豆納豆
  • 「阿蘇おふくろ工房」の手作り阿蘇産大豆納豆

  • 商品価格

    税込 620~800 円

  • 内容量

    30g または 85g

  • 購入する数

  • 買い物かごに入れる

商品に関する情報

この商品の生産情報

生産者

阿蘇おふくろ工房

阿蘇おふくろ工房

商品情報

生産者

阿蘇おふくろ工房

生産地

阿蘇市内牧

内容量

30g または 85g

原材料名

原材料名

丸大豆(阿蘇産)、納豆菌、タレ(アミノ酸液、砂糖混合ぶどう糖果糖、還元水飴、本醸造しょうゆ、食塩、アルコール)

保存方法

冷蔵庫に保存

発送方法

冷蔵発送

JAS法に基づく品質表記

お米の梱包について

脱酸素剤を封入しております

当店のお米(5kg売り)は米袋に脱酸素剤を入れ、お米の酸化や虫の発生による品質低下を防止しています。

脱酸素剤

米袋を開封する際には脱酸素剤をご確認いだただ、誤って口にしないようご注意ください。

米袋

脱酸素剤が酸素を吸収するため、到着時には真空パックのように米袋が硬くなっている場合がございます。

梱包

お支払い方法について

カード決済

VISA、Master card、Amex、Diners、JCB

銀行振込

ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行

コンビニ後払い(NP後払い)

商品到着後にお支払い
手数料200円

代金引換払い

ゆうパックの代金引換払い
手数料300円

送料・配送について

北海道・東北

750円

関東・信越

750円

北陸・東海

750円

近畿・四国・沖縄

650円

中国・九州

500円

熊本

400円

冷蔵商品

上記送料プラス250円

メール便

160円

配送会社

日本郵便の「ゆうパック」

「阿蘇おふくろ工房」の手作り阿蘇産大豆納豆

大粒の阿蘇産大豆を使った、歯ごたえ抜群の「おふくろ納豆」。

世の中に納豆は星の数ほどありますが。

納豆って種類が多くて、いろいろ買って食べてみるけど、結局どれもあんまり変わらない。そんな経験がある方、結構多いんではないでしょうか?

でも、この納豆は違います。「阿蘇おふくろ工房」の作る納豆は違います。おふくろ工房の作る「手作り阿蘇産大豆納豆」を食べると、きっとこうお思いになられるでしょう。

「ああ、そういえば納豆って、大豆からできてるんだよなぁ」

・・・と。今までにない豆本来の味、そして歯ごたえ。
もう一度繰り返します。「阿蘇おふくろ工房」の納豆は違います。

器に入れた納豆

阿蘇おふくろ工房に潜入取材だ

阿蘇市内牧。温泉街として有名なこの街に、「阿蘇おふくろ工房」の第二加工場はあります。こちらの工場では「あか牛ハンバーグ」や「あか牛メンチカツ」なども作っていますが、本日の目的は「納豆」。潜入取材、開始です。

おふくろ工房の部長さんの案内を受け工場に入り加工場の扉を開けると、おふくろ工房のスタッフのみなさんが納豆を作っていました。・・・って、あれ?容器に入れて蓋をしてるけど、全然ネバネバしてないじゃないですか。これ、もしかして失敗作?

「蓋をした後に、仕込んだ納豆菌が発酵して納豆になるんですよ」
うう、無知ですいません。蒸した大豆に納豆菌をふりかけ、容器に入れて寝かせます。するときちんと容器内で発酵し、ネバネバの納豆が完成するというわけです。みなさん、ちゃんと覚えました?

ちなみにこの納豆、使用する大豆は全て阿蘇産の減農薬栽培の大豆だそうで、阿蘇の高冷地で育つ大豆は、豆本来の旨み強いのが特徴とのことです。そりゃ美味しいわけだ。

さらに、おふくろ工房の作る商品は全て「無添加・無着色」ですので、この納豆だってもちろん「無添加・無着色」。納豆は毎日食べるものだから、やっぱり安心して食べたいですもんね。 ・・・というわけで、食べてみたいので一ついただけませんか?

大粒の大豆だけを厳選したが故の、この歯ごたえ。

私たちの厚かましいお願いを快く承諾してくださった部長さん。出来たばかりの「手作り阿蘇産大豆納豆」を持ってきてくださいました。タレを入れて、よく混ぜて、いただきまーす!

モグモグ・・・おお〜、おふくろ工房のみなさんが言ってたように、本当に「歯ごたえのある納豆」ですね〜!!そうですよ、納豆って「大豆」からできてるんですよね。

いや〜、そんな当たり前のことを否応なしに再認識させられる、この素晴らしい歯ごたえ。モグモグ。しかも、この歯ごたえをしっかり味わえるように大粒の大豆だけ選別して使用しているって言うんですから、「歯ごたえ」へのこだわりようは半端なものではありません。モグモグ。

平成18年度熊本県農産物加工食品コンクールで銀賞を受賞したのも頷ける味ですね。モグモグ。

阿蘇産の大豆の中でも大粒のものだけを厳選。 阿蘇産の大豆の中でも大粒のものだけを厳選。

ただでさえ大粒の大豆、蒸すとさらに巨大に。 ただでさえ大粒の大豆、蒸すとさらに巨大に。

蒸した大豆に麹菌を振りかけてよく混ぜる。 蒸した大豆に麹菌を振りかけてよく混ぜる。

納豆の容器に計量しながら大豆を詰めていく。 納豆の容器に計量しながら大豆を詰めていく。

こちらは小さいサイズのほうの納豆。 こちらは小さいサイズのほうの納豆。

例の仕切り紙とタレを入れたら発酵させて完成。 例の仕切り紙とタレを入れたら発酵させて完成。

納豆をおいしく食べるアドバイス。

と、ここで部長さん、一つアドバイスをくださいました。

「オススメの食べ方があるんですよ。それは『塩』です。一度、付属のタレを使わずに、塩をかけて混ぜて食べてみてください。“大豆のうま味”が味わえますよ」

ほう、『塩』ですか。なんだか通な食べ方ですね。でも、付属のタレもちょっと塩からいような・・・?そう言うと部長さん、笑いながらこう答えました。「実はそれでお客さんに怒られたことがあるんですよ。”このタレは塩からい!”って」

話を聞くと、おふくろ工房の商品は全て「無添加」にこだわって作っているため、他の納豆のタレのように甘味料が使用できず、タレに甘みを加えるのが難しいそうです。そのあたりの事情も含めて、食べる方が同封のタレや、塩、醤油、みりんなどで味を調整していただきたい、とのこと。お客さまに怒られても無添加を貫くその姿、立派です。

納豆好きなら一度は食べてほしい。

と、大粒の阿蘇産大豆を厳選した阿蘇おふくろ工房の納豆ですが、今では、この歯ごたえにファンも多数いらっしゃるそうで、一ヶ月に一度必ず30個入りパックを買ってくださるお客さんもいるのだそう。

たしかに、ここの納豆を一度でも食べると、普通の納豆では物足りなくなりますもんね。その上、無添加・無着色ですし。

というわけで毎朝納豆を食べなければ起きた気がしないという納豆好きのアナタ。阿蘇産大豆のみを使用し、無添加・無着色で作った歯ごたえバツグンの阿蘇おふくろ工房の納豆をぜひご賞味していただいてはいかがでしょうか。

大粒の大豆だけを厳選して使用している。

商品のセット内容

85gは2パック×3個セット

5gは2パック×3個セット

30gは3パック×3個セット

30gは3パック×3個セット
上に戻る

当店のお米のこだわり

無農薬栽培の米作りの様子

無農薬栽培米のみ取り扱い 当店は農薬や化学肥料を使用せず栽培したお米のみ取り扱いしております。万が一にも慣行栽培のお米が混ざることはありません。

当店のお米の生産者

信頼できる生産者たち 有機農産物は信頼性が第一。当店では阿蘇地域の生産者とだけ取り引きを行い、さらに栽培期間中は各生産者の圃場へ月に2回以上行き、栽培の様子を直に確認しております。

米袋

無料で脱酸素剤パック お米(5kg売り)には脱酸素剤を入れて無酸素状態にすることで、輸送中や保存時におけるお米の酸化や虫の発生による品質低下を防止しています。

精米

ご注文後に精米いたします お米の精米度合は玄米、白米、7分づき、5分づき、3分づきの5種類から無料にてご選択が可能です。

白米、玄米、分づき米

玄米、白米、分づきが選択可能 お米は精米した瞬間から品質低下が始まります。当店では精米をご注文後に行うことで、できるだけ新鮮なお米をお客様の元へお届けいたします。

新着情報

28年度産米

阿蘇のなかストアの日常Instagram 最新10件を表示

もっと見る