28年度産 高島和子さんのお米
  • 28年度産 高島和子さんのお米

  • 商品価格

    税込 5,500 円

  • 内容量

    5kg

  • 購入する数

  • 買い物かごに入れる

商品に関する情報

この商品の生産情報

生産者

高島和子さん

高島和子さん

生産者

高島和子

生産地

熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽

品種

ヒノヒカリ
ササニシキ(完売)
亀の尾(完売)

農薬の使用

使用なし

肥料の使用

使用なし

農薬不使用の年数

ヒノヒカリの圃場 / 26年
ササニシキの圃場 / 12年
亀の尾の圃場 / 3年

化学肥料不使用の年数

ヒノヒカリの圃場 / 26年
ササニシキの圃場 / 12年
亀の尾の圃場 / 3年

肥料不使用の年数

ヒノヒカリの圃場 / 12年
ササニシキの圃場 / 12年
亀の尾の圃場 / 3年

商品情報

生産者

高島和子さん

生産地

熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽

内容量

5kg

原材料名

28年度産米

保存方法

冷暗所に保存

発送方法

常温発送

JAS法に基づく品質表記

名称

玄米または精米

産地

熊本県阿蘇産(産地未検査)

使用割合

10割

内容量

別途商品に表示

調製/精米年月日

別途商品に表示

販売者

株式会社 Asononaka, Inc.

お米の梱包について

脱酸素剤を封入しております

当店のお米(5kg売り)は米袋に脱酸素剤を入れ、お米の酸化や虫の発生による品質低下を防止しています。

脱酸素剤

米袋を開封する際には脱酸素剤をご確認いだただ、誤って口にしないようご注意ください。

米袋

脱酸素剤が酸素を吸収するため、到着時には真空パックのように米袋が硬くなっている場合がございます。

梱包

お支払い方法について

カード決済

VISA、Master card、Amex、Diners、JCB

銀行振込

ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行

コンビニ後払い(NP後払い)

商品到着後にお支払い
手数料200円

代金引換払い

ゆうパックの代金引換払い
手数料300円

送料・配送について

北海道・東北

750円

関東・信越

750円

北陸・東海

750円

近畿・四国・沖縄

650円

中国・九州

500円

熊本

400円

冷蔵商品

上記送料プラス250円

メール便

160円

配送会社

日本郵便の「ゆうパック」

この生産者の生産履歴

高島和子さん 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度
28年度産 高島和子さんのお米

高島和子さんが作る、無農薬・無施肥栽培米。

種まき

高島和子さんは今年度もヒノヒカリ、ササニシキ、亀の尾、山田錦、赤米、紅米、緑米、黒米、香り米と、多くの品種を作付いたしますが、まずは本日4月9日、ササニシキの種まきを行います。
温湯消毒を行ったササニシキの種籾を種まき機にセットします。この種まき機は100g以下/1箱と薄撒きができるのが特徴。1箱あたりの種籾数が少なければ少ないほど苗の生育が良くなるのです。

籾を撒き終えたらすぐに苗代に並べます。せっせと並べたら、保温、保湿、直射日光の防止、鳥害の防止を目的としたラブシート(不織布)をベタ掛けし、水をたっぷりと染み込ませたら作業は終了。あとは田植えの日まで大事に苗を育てていきます。

みんなで種まき作業。

すじまき。

苗箱を苗代に並べる。

ラブシートをベタ掛け。

5月17日の苗の様子

この時期になると古代米の一部の品種(黒米)の苗の色がはっきりと変わってきます。

5月17日の苗。

黒米は苗の色が異なる

5月24日、亀の尾の田植え

4月16日の熊本地震により、高島さんの一部の田んぼでは用水が途絶え作付ができなくなってしまいました。そこでいくつかの品種の田植えは諦めていたそうですが、近隣に新たな田んぼで借りることができたので、そこに亀の尾を植えることにしました。

今年の亀の尾は2種類あり、1つ目は昨年育てたものを自家採取したもの、2つ目は東京大学に保管していた亀の亀の籾を取り寄せたもの。亀の尾はかなり昔の品種ですので、これまでの生育で品種の特性が変化している可能性があるため、東京大学に保管されていた「亀の尾の原種に近い」と思われる籾を栽培してみるのだそうです。

亀の尾の田植え

植えたばかりの苗。

苗取り板を運ぶ高島さん

ヒノヒカリは6月11日に田植え

ヒノヒカリは6月11日に田植えを行いました。この日は黒米の田植えも行うので、まずは一番奥の田んぼに黒米の苗を植えていき、それが終わると高島さんが田植え機に乗り込み、手前の田んぼにヒノヒカリを植えました。ここの田んぼには赤米、紅米も植え、他の場所の田んぼにはササニシキ、緑米、香り米を植えています。

ヒノヒカリの田植え。

田植え機の後から追いかけながら補植する。

田植え機に苗を補給。

水害により土砂が流れ込む

熊本地震の傷跡も全く癒える見通しが立っていないのですが、さらに6月末には連日の豪雨により水害が発生し、高島さんのヒノヒカリの田んぼにも土砂や流木が流れ込んでしまいました。
流木はなんとか取り除いたそうですが、土砂は水が溜まったままでは取り除くのが難しいので、稲刈りまでそのままにしておくそうです。この水害ではこの他、北野悦之さんや宇都宮さんの田んぼにも土砂が流れ込みました。

水害で土砂が流入した高島さんの田んぼ

流木は取り除いたが土砂は残っている

7月19日の稲の様子

7月19日の田んぼ

7月19日の稲

8月15日の稲の様子

8月15日の田んぼ

8月15日の稲

9月24日、ササニシキの稲刈り

9月24日はササニシキの稲刈りでした。一足先に亀の尾の稲刈りは済んでいたものの、それからしばらく続いた長雨の影響でなかなか稲刈りができず、本日ようやくコンバインが田んぼに入れるようになりました。

とはいえ、雨が抜けきっていないのでぬかるんでいる箇所も多く、コンバインで刈りつつもかなりの面積を手刈りする必要があるので、高島さんのところへ研修にきている新規就農者の方と一緒にザクザクと鎌で稲を刈っていきます。

田んぼ手前の背が高い「香り米」と、穂が真っ黒の「緑米」はまた後日、10月中旬ごろの稲刈りとなります。

稲刈り時の田んぼ

慎重にコンバインを操作する高島さん。

ぬかるむ箇所は手刈りする。

手刈りした稲

コンバインと彼岸花。

笑顔の高島さん。

上に戻る

当店のお米のこだわり

無農薬栽培の米作りの様子

無農薬栽培米のみ取り扱い 当店は農薬や化学肥料を使用せず栽培したお米のみ取り扱いしております。万が一にも慣行栽培のお米が混ざることはありません。

当店のお米の生産者

信頼できる生産者たち 有機農産物は信頼性が第一。当店では阿蘇地域の生産者とだけ取り引きを行い、さらに栽培期間中は各生産者の圃場へ月に2回以上行き、栽培の様子を直に確認しております。

米袋

無料で脱酸素剤パック お米(5kg売り)には脱酸素剤を入れて無酸素状態にすることで、輸送中や保存時におけるお米の酸化や虫の発生による品質低下を防止しています。

精米

ご注文後に精米いたします お米の精米度合は玄米、白米、7分づき、5分づき、3分づきの5種類から無料にてご選択が可能です。

白米、玄米、分づき米

玄米、白米、分づきが選択可能 お米は精米した瞬間から品質低下が始まります。当店では精米をご注文後に行うことで、できるだけ新鮮なお米をお客様の元へお届けいたします。

新着情報

28年度産米

阿蘇のなかストアの日常Instagram 最新10件を表示

もっと見る